ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
第12期全人代第1回会議議長団が第7回会議
2013/03/15
 

   第12期全国人民代表大会(全人代、国会に相当)第1回会議の議長団は15日午前、北京の人民大会堂で第7回会議を開いた。

   会議の司会を務めたのは議長団常務議長の張徳江氏。

   会議に出席すべき議長は178人で、法定人数に達する176人が出席した。

   「中華人民共和国憲法」第62条の規定に基づき、李克強首相が副首相、国務委員、各閣僚、各委員会主任、中国人民銀行総裁、会計検査長、国務院秘書長候補を指名した。これらの候補は全体会議で決定・任命される。

   議長団会議は表決を行い、李克強首相が指名した国務院のその他の構成メンバー候補リストを各代表団に提出して討議してもらうことを決めた。

   第12期全人代は九つの専門委員会を設置することになっており、そのうち財政経済委員会の構成メンバーは5日の第12期全人代第1回会議第1回全体会議で表決が行われ、採択された。共産党中央委員会は12日、残り8専門委員会の構成メンバー候補リストを議長団に提出した。

   議長団は個別に表決を行い、第12期全人代民族委員会、法律委員会、内務司法委員会、教育科学文化衛生委員会、外事委員会、華僑委員会、環境・資源保護委員会、農業・農村委員会の主任委員、副主任委員、委員候補を指名し、候補リストを各代表団で討議してもらうことを決めた。

   議長団常務議長の劉雲山、李建国、王勝俊、陳昌智、厳雋琪の各氏が会議に出席した。

(北京2013年3月15日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷