ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
汪婉大使夫人,高円宮妃殿下と特別展「草原の王朝契丹―美しき3人のプリンセス」見学
2012/08/30
 

  8月24日、汪婉駐日大使夫人は高円宮妃久子殿下と特別展「草原の王朝契丹―美しき3人のプリンセス」を見学した。宮田亮平東京藝術大学学長、新田良一TBS取締役、塔拉・内蒙古博物院院長らが案内した。

   高円宮久子妃殿下は、10世紀前半に中国北方で生まれた契丹王朝の金品、磁器、ガラス細工、服飾、馬具、狩猟用具、武器、生活用具などの貴重な出土文物を興味深げに見学した。見学の後、妃殿下と大使夫人は親しく語り合った。

   中日国交正常化40周年を記念して、東京藝術大学、TBS、毎日新聞社、内蒙古博物院が共催した特別展「草原の王朝契丹――美しき3人のプリンセス」は、九州国立博物館、静岡県立美術館、大阪市美術館を巡回し、7月12日から9月17日まで東京藝術大学美術館で展示される。会期中、各地で見学者の好評を博した。同展は中国内蒙古から出土した貴重な文物120余点を公開し、そのうち40点余が日本の国宝にあたる国家一級文物で、海外初公開のものが50点にのぼっている。中国大使館、日本外務省、文化庁が後援している。

    大使館の何静・文化参事官が同行した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷