ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
駐日大使館が9月定例記者会見
2011/10/05
 

 2011年9月27日、駐日中国大使館の鄧偉・参事官は9月の定例記者会見を行い、白書「中国の平和的発展」について説明し、質問に答えた。日本の各大手メディアおよび在日中国語メディアの記者30人近くが出席した。

 鄧参事官は白書の主な内容を説明し、次のように強調した。白書は中国の平和的発展の宣誓書、行動指針であり、平和的発展の道の最も鮮明な6大特徴として、科学的発展観、自主的発展、開放的発展、平和的発展、協力的発展、共通の発展を明確に示し、世界に対し中国が歩んでいる道、目指す目標、進める内外政策および外部世界との関係をどのように処理するかについて全面的、系統的に説明し、中国の発展に対する国際社会のさまざまな関心にこたえている。平和的発展は中国の世界に対する厳粛な約束であり、中国が世界との関係を処理するうえで重要な意義がある。21世紀の2度目の10年に入るのに当たり、白書を通じ、中国が改めて世界に対し厳粛に次のように宣言している。平和的発展は中国が近代化と富民強国を実現し、世界の文明の進歩のためにより大きく貢献するための戦略的選択である。中国は確固として揺るぎなく平和的発展の道を歩み続け、世界の平和、繁栄、発展のために重要な貢献をする。

    

 鄧参事官はまた中国の軍事発展、東中国海・南中国海問題、釣魚島問題、中日の歴史問題、辛亥革命100周年記念行事などについて質問に答えた。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷