ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
孔鉉佑駐日中国大使,公益社団法人日中友好協会訪問
2019/06/06

   6月3日午後、孔鉉佑駐日中国大使は公益社団法人日中友好協会を訪れ、日中友好協会スタッフと交流した。郭燕公使、楊宇公使参事官および日中友好協会副会長で東京都日中友協会長の宇都宮徳一郎氏、日中友好協会理事長の岡崎温氏らが交流に参加した。

   孔大使は次のように述べた。日中友好協会は日本で最も早く設立された対中友好組織で、長年にわたり終始中日友好の大きな旗を高く掲げ、両国関係の回復と発展に重要な貢献をしてきた。近年、日中友好協会はいくつかの困難に直面したが、皆さんは常に中日友好の信念を堅持し、両国の民間交流、特に青少年交流を力強く推し進め、両国人民の相互理解の増進、中日友好事業の後継者育成のために多くの仕事を行ってきた。現在、中日関係は改善・発展の良好な勢いを保ち、両国の友好事業は新たな発展のチャンスを迎えており、日中友好協会が良き伝統を守り、ますます励み、両国関係の絶えざる前進・発展、両国人民の代々の友好実現のために新たな功績を収めるよう希望する。

   宇都宮副会長は孔大使の着任早々の訪問に感謝し、次のように述べた。各スタッフと親しく交流したことは孔大使と駐日中国大使館が日本の民間友好団体を十分重視していることの表れで、われわれは非常に励まされた。近年、日中友好協会は毎年、日本の青年・大学生を訪中させている。中国の同世代との深い交流と中国訪問を通じ、日本の若者が一層客観的に中国を認識し、多くの人が訪中後、日中友好事業に積極的に身を投じ、日中友好の新勢力になっている。日中友好協会は引き続き「草の根交流」、特に青少年交流を積極的に展開し、両国関係の一段の改善、発展のために自ら努力していく。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷