ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
新任の孔鉉佑駐日中国大使着任
2019/05/31

     新任の孔鉉佑駐日中国大使が5月30日、王秀君夫人と共に着任した。

    孔大使は空港で両国メディアのインタビューに応じた際、次のように語った。中日関係の改善・発展という大事な時に就任し、使命の光栄さ、責任の重大さを痛感している。初心を忘れず、使命を銘記し、新時代の要請に適った中日関係を築くために全力を尽くしたい。日本政府と社会各界の理解と支持が得られるよう希望する。中日関係の将来に強い自信を持っている。

    孔大使は次のように述べた。中日関係のよりよい発展を実現するには、まず双方の政治的相互信頼を増進しなければならない。これまで双方はこのために多くの仕事をし、初歩的な成果を収めたが、時代の要請に適う新しい型の中日関係構築ということからすれば、双方の政治的相互信頼の水準を一段と高める必要があり、双方がこのために共に努力するよう希望する。

    第二に、互恵協力をたえず深め広め、実務協力のレベルを引き上げ、互恵・ウィンウィンを実現しなければならない。双方はすでにイノベーションと第三国市場などの分野で協力を進めており、財政金融、高齢者介護、社会保障などの面でも、より高度な協力を模索している。中国としては、これを踏まえ、両国の実務協力について引き続き日本側と突っ込んで検討したい。

    第三に、中日は世界第二、第三のエコノミーであり、中日関係の影響は二国間の範疇を大きく越えており、両国は地域さらには世界の平和、安定と発展にますます重要な責任を負っている。われわれは中日間の建設的協力を通じて、地域の平和、安定と発展でしかるべき役割を果たすことを願っている。

   20カ国・地域グループ(G20)首脳大阪サミットについて、孔大使は次のように述べた。G20大阪サミットはすでにカウントダウンに入った。慣例に基づき、中国の指導者はこのサミットに出席するだろう。中国は大阪サミットが成功し、グローバルガバナンスの推進とグローバルな課題の解決で積極的役割を果たすよう、特に多国間主義と世界の自由貿易体制を守る面で国際社会に前向きで建設的な声を発するよう希望している。中国の指導者が参加するなら、会議成功への重要な支援となるだろう。今サミットが中日関係の改善・好転が続き、より大きい発展をとげる重要な契機となるよう希望する。

   孔大使は質問に答え中米貿易摩擦について、次のように述べた。米国が対等、相互尊重を基礎にわれわれと対話を行うならば、中国としては最大の誠意をもって応えたい。米国が引き続き我意を通し、一方的に貿易摩擦を起こすならば、中国はそれを望んではいないが、最後まで付き合い、自身の正当な権益を断固として守らざるを得ない。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷