ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
駐日大使館で「チャイナフェスティバル2018」のメディア発表会
2018/07/13
 

    7月12日、駐日大使館で「チャイナフェスティバル2018」のメディア発表会が開催された。程永華大使、郭燕公使および大使館の関係部署の責任者、日本の福田康夫元首相、竹下亘日中友好議員連盟副会長・自民党総務会長、岡崎温日中友好協会理事長、荒井克之日中友好会館理事長、服部健治日中協会理事長、衆議院議員青柳陽一郎氏、王家馴在日中国企業協会会長、劉洪友全日本華僑華人連合会会長など実行委員会メンバー、中国系企業と華僑華人団体の代表、出展店舗と協賛企業の代表および中日メディアなどの260人余りが出席した。

    程永華大使は「チャイナフェスティバル2018」実行委員長として席上、駐日大使館と「チャイナフェスティバル2018」実行委員会は今年9月8日から9日まで、東京都の代々木公園で交流ビッグイベント「チャイナフェスティバル2018」を共同開催し、演芸、文化展示、グルメ、観光プロモーションなどの方式で、中国を理解し中国を身近で体験するプラットフォームを築くことを決定したと正式に発表した。

 

    程大使は中日双方の各界が「チャイナフェスティバル」を積極的に支援していることに感謝し、次のように述べた。今年は中日平和友好条約締結40周年にあたる。先ごろ、李克強総理の日本訪問が成功し、中日関係は正常な軌道に戻り、中日友好事業は再び船出した。このような状況下で、われわれは共に努力して、世論の面で中日友好の基礎を一段と固める必要がある。中日民間友好交流の促進に力を尽くす「チャイナフェスティバル」は、双方の市民の相互理解と友情の増進のために引き続き積極的な役割を果たすだろう。

    福田元首相はあいさつで次のように述べた。中日は互いに重要な隣国だ。習近平主席は周辺国と友好的に付き合い、健全で安定した周辺外交関係を築きたいと明らかにしている。これは日中関係発展の正しい方向を示したもので、両国関係は絶え間なく良い方へ発展している。先ごろ私は上海を訪れ、中国側の対日友好の雰囲気をはだで感じた。「チャイナフェスティバル2018」は、日本で中国文化を理解し体験する祭典であり、より多くの各界の皆さんが「チャイナフェスティバル」に参加し支援し、中国を理解、認識し、両国関係の改善と発展に寄与することを希望する。

    王会長と劉会長はあいさつで次のように述べた。「チャイナフェスティバル」活動には重要な意義があり、中日双方市民の相互理解、友情と信頼関係の増進に役立ち、日本市民と在日華僑華人の共同の祝日である。在日中国系企業、華僑華人は引き続き「チャイナフェスティバル2018」の準備に全力で取り組み、両国の民間交流の促進と両国関係の改善・発展のためにもっと努力していく。

    青柳陽一郎議員は運営事務局を代表してあいさつし、運営事務局は中国大使館、関係各方面と一致協力し、困難を克服し、念には念を入れ、引き続き日中友好交流の有名ブランドを作る精神に則って、「チャイナフェスティバル2018」を主催者側、出展者側、参加者のいずれも満足する日中交流の祭典にしていくと述べた。

    発表会では、運営事務局が「チャイナフェスティバル2018」イベントの具体的内容を詳細に説明した。程永華大使はまた、中日メディアのインタビューに応じた。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷