ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
程永華駐日大使,在日中国企業協会第10回会員代表大会に出席
2017/07/11
 

    7月4日、在日中国企業協会第10回会員代表大会が東京で開かれた。これには程永華駐日大使、大使館の主要外交官および在日中国企業協会会員代表など150人近くが出席した。程大使は中日関係について情勢報告を行った。

    程大使は情勢報告の中で次のように指摘した。今年は中日国交正常化45周年にあたり、各界有識者のたゆまぬ努力の下、両国関係はまさに持続的改善の方向に絶えず進んでいる。「一帯一路」(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)国際協力サミットフォーラム期間に二階俊博自民党幹事長が代表団を率いて訪中し、習近平主席と会見した。その際、習主席は「一帯一路」構想は中日両国が互恵協力、共同発展を実現するための新たなプラットホームおよび「試験田」にすることができると指摘、また、日本が中国と「一帯一路」建設の枠組み内で協力を進めるのを検討することを歓迎すると表明した。このあと、安倍晋三首相が公の場で、「一帯一路」構想の面で中国と協力を進めていきたいと表明し、中日両国の実務協力は新たなチャンスの時期を迎えた。経済・貿易協力の強化は「一帯一路」構想の重要な内容であり、また中日関係の持続的改善を促す効果的な力でもある。在日中国企業協会は中日経済・貿易協力の実践者として、長年にわたり、両国の実務協力を深めることに積極的に寄与してきた。在日中国企業協会がさらに一層の努力を重ね、引き続き中国系企業と日本企業、日本の経済団体、日本政府との間の紐帯(きずな)の役割をしっかり果たし、両国の経済と貿易の結びつきを密にし、協力の潜在力を積極的に広げ、両国関係の改善を促すためにより多くのプラスのエネルギーを蓄えることを希望する。同時に、在日中国企業協会が今年下半期の大使館主催による「2017年中国フェスティバル」のために知恵と力で積極的に貢献することを期待している。

    在日中国企業協会の彭卜鋼前会長はあいさつの中で駐日大使・領事館と各界の力強いサポートに感謝し、またこの3年間の協会の活動について総括報告を行った。これに続き、王家馴新会長はあいさつの中で、大使館の指導の下、在日中国企業協会の結束力と影響力を一層強め、中国企業の良好なイメージを確立し、日本各界との意思疎通・連絡を強化し、中日の経済・貿易分野の互恵ウィンウィン、共同発展の実現を共に後押ししていくと表明した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷