ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
程永華大使,「2016在日中国企業協会―工商銀行杯」卓球親善大会に出席
2016/10/02

    9月24日、「2016在日中国企業協会―工商銀行杯」卓球親善大会が中国大使館で開催された。大会は在日中国企業協会の主催、中国工商銀行東京支店の協賛。在日中国企業、駐日大使館および日本駐在報道メディアなどの110人余りが出場した。程永華駐日大使が開幕式に出席しあいさつした。

   

 程大使は次のように表明した。在日中国企業協会がこのような交流のプラットホームを提供するのは、協会会員のレクリエーション活動を豊かにし、企業間の意思疎通・交流を増進し、在日華人のよいイメージを示すのに役立つことだ。卓球は中国の国技として、かつて重要な政治的、外交的役割を果たした。特に外交関係史において、ピンポン外交は特筆すべきもので、「小さなピンポン球が大きな地球を動かす」は逸話となっている。来年は中日国交正常化45周年にあたる。われわれは駐日大使館で卓球親善大会を開催すると同時に、この間の非凡な歴史を振り返り、引き続き中日関係の改善・発展と両国の実務協力のために努力を払うべきだ。

    在日中国企業協会の彭会長は、今回の大会を機に一段と在日中国企業間の交流を深め、協会の結束力を高めていきたいと表明、在日中国企業が引き続き本業をしっかり行い、中日の経済・貿易協力に寄与するよう希望すると述べた。

    程大使と彭会長が始球式を行った。今回の大会は男子シングル、女子シングル、男子ダブルス、男女混合ダブルスの4種目で、1回戦、2、3回戦と進み、最終的に上位3位が決まった。

    劉亜軍公使は、閉会式で次のようにあいさつした。今回の大会は好プレーがたくさん見られ、在日華人の元気なところを示すと同時に、互いの友情も深まった。ますます頑張って、このようなレクリエーション活動をもっと開催してほしい。

 

推荐给朋友
  印刷 全文印刷