ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
程永華大使,第12回北京―東京フォーラム開幕式であいさつ
2016/09/30
 

    2016年9月27日、程永華駐日大使は東京のホテルオークラで第12回北京―東京フォーラムの開幕式に出席し、あいさつした。今回のフォーラムのテーマは「世界やアジアの平和、発展に向けた中日の役割と協力」。中日友好協会の唐家璇会長、中国国務院新聞弁公室の蒋建国主任、日本の福田康夫元首相、岸田文雄外相などが基調演説とスピーチを行った。中国国際出版集団の周明偉総裁、公益財団法人国際文化会館の明石康理事長がそれぞれ双方の主催者を代表してあいさつした。中日両国の政界、経済界、マスコミ関係者や著名な学者など500人近くが開幕式に出席した。

 

    唐家璇会長は講演で次のように指摘した。中日両国は二つの大国として世界の平和・発展を守るより大きな責任を負い、国際社会と地域国のより高い期待を担っている。中日関係の発展では共通認識にのっとり、政治的基礎を守らなければならない。認識をただし、良い方向への相互作用(インタラクション)を形成しなければならない。伝統を継承し、友好の理念を発揚しなければならない。双方は時代の発展に適応し、中日友好の新たな内容を充実させ、友好に新たな生命力を与え、互助、相互信頼、相互理解、相互学習の実現に努めなければならない。具体的に言えば、手を取り合って自然災害や社会の難題に対応し、次の世代の間の理解と信頼関係を築き、相手の核心的利益と重大な関心をしっかり理解、尊重し、相互に長所を学び短所を補って共に発展しなければならない。唐家璇会長はさらに、中日関係の持続的で安定した改善・発展について、歴史的経緯を直視する、平和な海を守る、互恵協力を広げる、国民交流を拡大するという四つの提案を行い、フォーラム参加の人々に客観的で前向きの声を伝え、理性的で賢明な考えを提唱し、中日関係の「激濁揚清」(濁った水を取り除いて清水を入れること)を推進し、両国関係の中の積極的で有益な要因を絶えず拡大するよう呼びかけた。

    蒋建国主任は次のように指摘した。中日関係の改善と発展では、第一に必ず中日双方が大きな趨勢をつかみ、大きな方向を堅持し、第二に必ず責任感を強め、危機感を抱き、第三に必ずポジティブな面を拡大し、ネガティブな面を抑え、第四に必ず古い問題をうまく管理し、新しい問題を防がなければならない。中日両国関係の素晴らしい未来を創造するため、中日双方がシンクタンク研究という「脳」を働かせ、中日関係の難しい問題と重大な懸念に向き合い、双方が過去を認識し、現在をとらえ、未来を考えるための新たな思想、新たな見解を提供しなければならない。メディア発信という「口」をうまく使い、中日関係発展の主流と方向を正確にとらえ、双方が共に関心を寄せる重要な議題に焦点を当て、客観的、公正に報道を行い、理性的な声を多く伝えなければならない。企業協力という「足」を動かし、情報技術、省エネ・環境保護、バイオテクノロジー、ハイエンド製造、新エネルギー、新素材、医療・介護などの分野の交流と協力を深め、中日関係の基礎を固めるために絶えず貢献しなければならない。人の交流という二つの「手」をしっかりと握り、中日友好交流の新時代を迎えなければならない。

    程永華大使は次のように指摘した。中日は互いに重要な隣国で、両国関係はそれぞれにとって最も重要な二国間関係の一つだ。中日関係の長期的な健全で安定した発展は、両国人民の利益に合致するだけでなく、地域の平和、安定と発展にも有益である。今回のフォーラムは「世界とアジアの平和、発展に向けた中日協力」がテーマだが、これは中日関係の重要性が日ましに二国間関係の範疇を超えている実際の状況にぴったりだ。両国各界の有識者がより広い視野でそれぞれの発展と中日関係を認識、理解することは、当面の情勢下できわめて重要な意義がある。

    程大使はさらに次のように述べた。中国は一貫して中日関係を重視しており、関係の改善と発展に力を入れる基本的立場が変わったことはない。先ごろ習近平主席は20カ国・地域グループ(G20)杭州サミットの際に安倍首相と会見し、両国の指導者は、両国関係のポジティブな面を拡大し、ネガティブな面を抑えるよう努力し、両国関係改善のために努力するべきだとの意見で一致した。この会見は次の段階の中日関係の改善と発展のための方向を示し、今回のフォーラムにとっても重要な導きになった。双方の出席者がフォーラムで両国が相互の認識と位置づけを整理すること、矛盾と意見の相違を適切にコントロールすること、協力を通じて両国関係の物質的基礎を固めること、フォーラムによって両国社会各界の相互理解を深めることの4方面について検討するよう提案する。

    福田元首相はスピーチで次のように指摘した。日中両国指導者はG20杭州サミットで両国関係改善について共通認識を得た。現在必要なのは両国の有識者がこれを実行に移し、双方の市民が両国の互恵、相互補完の関係を理解するのを助けることだ。日中がグローバルな視野に立って協力を進めれば、それぞれの国だけでなく、東アジア地域さらには世界の平和、安定、繁栄に大きく貢献することになる。

    岸田外相は次のように指摘した。日中両国は共に地域と世界の平和、繁栄を守る責任を負っており、互いに協力することが両国の唯一の選択だ。G20杭州サミットの際に日中両国指導者が会見を行い、各分野の協力を進め、両国関係のポジティブな面を拡大し、ネガティブな面を減少させることでコンセンサスを得た。来年の国交正常化45周年および再来年の平和友好条約締結40周年を機に、日中関係改善の趨勢を一層固め、各レベルの対話と交流を絶えず行うことで、新しい時代にふさわしい日中関係を築きたい。

   

    第12回北京―東京フォーラムは中国国際出版集団、日本の非営利活動法人言論NPOの共同主催。フォーラムは2005年に創設され、毎年北京と東京で交互に開かれている。過去10回は中国日報社と言論NPOの共催だったが、昨年から中国国際出版集団と言論NPOの共催となった。この中日両国の民間交流フォーラムには過去12年にわたって両国各分野の著名人が集まり、中日関係の大きな問題について交流と検討を行い、双方の見解の疎通、意見の相違の縮小、相互信頼の増進、両国世論への影響と導きの面で前向きな役割を果たしている。

   

推荐给朋友
  印刷 全文印刷