ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
中国大使館で中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利70周年記念レセプション
2015/09/01

    8月31日、駐日中国大使館は中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利70周年を記念してレセプションを開いた。これには村山富市元首相、公明党の山口那津男代表ら日本各界の人々、各国駐日使節、武官および在日華僑・華人、中国人留学生代表など300人近くが出席した。

    程大使は次のようにあいさつした。第二次世界大戦の期間中、全世界において2000万平方キロあまりの土地、80余りの国と地域、およそ20億人が戦火と砲煙に巻き込まれた。第二次世界大戦の東方の主戦場となった中国において、数知れぬ平和を願う兵士と一般民衆が、日本軍国主義による侵略戦争、大虐殺、無差別爆撃、生物化学兵器の攻撃と実験によって尊い命を失い、数万人もの女性が残虐に蹂躙され、たくさんの労働者が日本へ強制連行されて残酷で非人道的な扱いを受けた。これによって、人類の文明史上極めて暗黒の一ページが残された。

    程大使はまた次のように表明した。中国人民は強暴を恐れず、日本軍国主義の野蛮な侵略に対して英雄的な戦いを繰り広げ、大きな民族的犠牲を払い、世界反ファシズム戦争の最終的な勝利のために、重要な貢献をした。当時あの戦争の砲煙はすでに消え去ったが、正義と良識が永遠に色あせることはない。われわれは、正義と良識をしっかり守り、70年前に人類が共に経験したあの惨劇をふりかえり、その中から教訓をくみ取り、戦争の悲劇を二度と繰り返さないように堅固な砦を築き上げるべきだ。

           

    程大使は次のように表明した。過去のあの歴史を正しく認識し、向き合うことは、歴史を銘記し、正義を守るうえで必要なことであり、日本がアジアの隣国と関係を改善する重要な基礎であり、未来を切り開くための前提でもある。われわれは、両国関係が「歴史を鑑とし、未来に向かう」精神のもとで、長期的かつ安定して健全な発展が実現するよう、心より期待している。中国は9月3日に、北京において中国人民抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年の記念行事を盛大に催す。中国の70周年記念行事の目的は、歴史を銘記し、烈士をしのび、平和を大切にし、未来を切り開くためであり、特定の国に対するものではなく、今日の日本に対するものではなく、日本国民に対するものではない。われわれは、日本を含む国際社会と共に、戦争が残した悲惨な教訓を見つめ、人類の恒久的な平和を構築するために力を尽くすよう希望している。

    盛大で熱のこもった雰囲気の中、日本の主流メディア、日本駐在の中国メディアおよび在日中国語メディアがレセプションを取材した。

           

推荐给朋友
  印刷 全文印刷