ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
孔鉉佑駐日大使,読売新聞の老川祥一会長と会見
2020/07/18

 7月17日、孔鉉佑駐日大使は読売新聞グループ本社の老川祥一会長と会見した。

 孔大使は、中国国内の感染状況と感染対策に関する取り組みについて説明し、次のように述べた。中国経済は第2四半期にプラス成長を回復しており、中国と日本が位置する東アジア地域では、いち早く感染を抑え込むと見込まれている。双方は一日も早く経済や人の往来を再開し、地域経済さらには世界経済の回復のためにプラスのエネルギーを注入すべきだ。中日には両国関係を改善、発展させるという共通の政策的意向、それぞれの経済・民生の発展を実現するという共通の利益目標、多国間システムと自由貿易を守るという共通の価値観があり、双方はポストコロナの時代を見据え、両国の利益にかなった共同発展の道を模索すべきだ。読売新聞が長期的発展の視点から中国と中日関係に向き合い、報道し、両国関係の安定した発展のために建設的役割を果たすことを希望する。

 老川氏は次のように述べた。日中両国が感染を抑え込み、双方の通常の往来が早期に再開されることを期待している。どんなに状況が変わろうとも、日中は友好関係を維持すべきであり、読売新聞は今後も常にこうした大局を見据え、中国に関する報道を全面的に展開していく。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷