ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
程永華駐日大使,「中日小大使10周年記念活動」に出席
2018/07/30
 

7月17日、程永華駐日大使は「中日ティーンエイジアンバサダー(小大使)10周年記念同窓会パーティー」に招かれて出席した。これまでの「小大使活動」に参加してきた中日両国の高校生、衆参両院国会議員、外務省職員、イオングループ各企業の経営幹部ら700人余りが出席した。

程大使はあいさつで次のように述べた。イオングループは社会的責任を重視し、岡田卓也先生の提唱により設立されたイオン1%クラブは、さまざまな形で公益活動を展開しており、中日小大使交流はその中の重要な一環だ。この10年間、両国各界の強力な支援のもと、1200人を超える中日の高校生が相互訪問交流活動に参加し、相互理解を促進し、互いへの好感度が高まり、中日の人文〈人と文化〉交流と民間友好に貢献してきた。今年は中日平和友好条約締結40周年で、中日関係は積極的改善の良好な勢いを保っている。しばらく前、李克強総理が訪日して実り多い成果を収め、双方の政治的相互信頼が増進し、中日経済協力が新たな高みに推し進められた。双方は人文交流に力を入れ、両国の平和友好事業を着実に遠くまで進めることに一致して同意した。

さらに次のように述べた。中日双方は李総理の訪日成果を積極的に実行に移しているところだ。青少年交流は中日関係の重要な中身である。中国は青少年交流を非常に重視しており、この数年間、中国大使館は毎年6、700人の学生を中国に招待し、昨年8月には北京大学で中日大学生千人交流大会を開催し、「中日大学生平和友好宣言」を発表した。今年も引き続きこの交流活動が開催される。「小大使活動」は間もなく新しい10年に入っていく。より多くの若い学生が友好交流の隊列に加わり、相手の国と社会を深く理解し、それぞれの素晴らしい文化を体験し、互いに良き友人、良きパートナーとなり、永遠に中日友好関係の主人公、プラスの力になることを希望する。

パーティーで程大使はイオン1%クラブに「青少年交流貢献賞」を授与し、10年間にわたり中日青少年交流を積極的に繰り広げ、民間友好を促進してきたことを称えた。

イオン1%クラブの横尾博理事長はあいさつで、「小大使活動」は中日両国の青少年学生が互いに率直な考えを伝え合い、相手国の伝統、歴史文化と発展の現状を自ら体験するのに有利であり、今後、中日関係が新しい時代に入るのを新たな起点として、引き続き次の10年間の「小大使活動」をしっかりと開催し、若い学生に舞台を提供し、「小大使」たちが中日の各分野で真の大使になるのをお手伝いすると述べた。

衆議院議員で日中協会会長の野田毅氏は次のように述べた。きょう、20人余りの与野党の衆参両院議員が活動に参加したことは、青少年交流に対する日本側の重視ぶりを示すものだ。「小大使活動」は10年間続いており、日中両国関係の発展に黙々と貢献している。今年は日中平和友好条約締結40周年であり、「小大使活動」が新たなスタートラインに立ち、より大きな役割を果たすことを希望し、また「小大使」たちがより一層心の扉を開き、共に努力し、両国友好関係の明るい未来を構築するよう希望する。

17日午前、安倍晋三首相は首相官邸で「2018年中日小大使」と会見して記念撮影に臨み、程大使もこれに参加した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷