ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
駐日中国大使館が建軍90周年レセプション開催
2017/08/02
 

    7月25日夜、駐日中国大使館付国防武官の徐新華氏は大使館でレセプションを開き、中国人民解放軍建軍90周年を祝った。これには程永華駐日大使、劉少賓公使、郭燕・公使および大使館各部署の参事官・外交官のほか、日本の真部朗防衛審議官および日本政府、防衛省、陸海空3自衛隊の関係者、各界の友好的人々、各国の駐日武官、華僑華人代表ら300人余りが出席した。

 

    徐武官はあいさつで、中国人民解放軍は建軍から90年間、中国人民の解放事業のため、国の主権、安全保障、発展の利益を守るため、また世界の平和・安定を守り人類の進歩を促すため重要な貢献をしてきたと述べ、軍隊改革の全面的深化、国際的責任と義務の積極的履行、国際交流・協力への参加で収めた多くの成果を紹介した。さらに、中国は終始、平和発展の道を歩むことを変えず、独立自主の平和外交政策と防御的国防政策をとっていくと強調し、一層オープンな姿勢で世界各国の軍隊と友好的往来を強化し、安全保障面の相互信頼を増進することを願っていると述べた。また中国は人的往来の拡大、対話・話し合いの強化、海空連絡メカニズムの構築などの分野で引き続き日本と防衛交流・協力を図っていく用意があると指摘し、双方が絶えず政治、安全保障面の相互信頼を増進し、両国人民が幸せになるように努力し、地域の安定・繁栄を守るよう希望していると述べた。

    程大使はあいさつの中で、中国人民解放軍の革命、建設、改革事業における卓越した貢献および地域ひいては世界の平和、安定と繁栄を守るために果たした重要な役割を紹介した。また、中国はあくまでも平和的発展の道を歩み、協力・ウィンウィンを核心とする新しい型の国際関係の構築を図り、人類の運命共同体づくりに尽力すると強調した。さらに両国の防衛当局が対話・協力を強化し、意見の相違を適切に管理し、安全保障面の相互信頼を確実に増進して、中日関係の改善・発展のために積極的に貢献するよう希望すると述べた。

    会場は友好の熱気に包まれていた。来賓は口々に建軍90周年への祝意を表し、「今日の中国軍2017」の紹介ビデオや「栄えある旅」をテーマとする写真展を観賞し、中国の国防と軍隊の改革・建設の成果を積極的に評価し、地域と世界の安全・安定を守るためのたゆまぬ努力と大きな貢献に称賛の意を表した。会場には中国の軍隊建設を紹介した本、パンフレットなどが置かれ、来客が次々に取っていた。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷