ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
駐日大使館が「沖村憲樹氏の中国国際科学技術協力賞受賞祝賀会」開催
2016/03/03
 

  2月18日、駐日中国大使館は「沖村憲樹氏の中国国際科学技術協力賞受賞祝賀会」を開催し、程永華大使が出席してあいさつした。これには郭燕公使、大使館各部署の責任者、日本科学技術振興機構(JST)特別顧問の沖村憲樹氏、文部科学省の土屋定之次官、国会議員および日本政府関係官庁や研究機関の関係者ら計140人余りが出席した。

  程大使はあいさつの中で沖村氏の受賞に祝意を表し、中日科学技術界の交流と協力の推進、中日青少年科学技術交流および中国科学技術事業発展の促進に対する沖村氏の長年にわたる積極的な貢献に感謝の意を表した。程大使はまた次のように表明した。中国は革新(イノベーション)、協調、グリーン、開放、共有という発展の理念を堅持し、革新で発展を駆動する国家戦略を掘り下げて実施し、大衆起業、万民革新を後押しし、発展のための新たなエンジンを作り、小康社会(ややゆとりのある社会)全面完成の目標を実現するため努力する。中国は科学技術の開放・協力を一層拡大していき、中日の科学技術協力が一層高い水準へ、一層高い段階へ、一層幅広い分野へ広がるよう希望している。

  土屋文科次官はあいさつで沖村氏の受賞を祝福し、同氏が文部科学省およびJSTに勤務中、日中科学技術協力と青少年交流事業に貢献したことを紹介し、文科省は引き続き日中科学技術協力を推進し、日中協力が新たな成果を収めるよう期待していると述べた。

  沖村氏はあいさつの中で日中科学技術協力に携わった長年の歩みを振り返り、1月に北京で国家科学技術表彰式に参列して中国指導者の接見を受けた時のことを話した。そして中国政府が長年日中科学技術協力事業に関心と支援を寄せてきたことに感謝し、今後も引き続き日中の科学技術交流と青少年交流事業を推進し、日中友好協力事業を新たな段階に進めるため努力したいと表明した。

  沖村氏は文部科学省研究開発局局長、科学技術政策研究所所長、官房長、科学審議官およびJST理事長などを歴任し、長年にわたり中日両国の科学技術界交流と協力の促進に積極的な貢献をし、中国政府から2015年度中国国際科学技術協力賞を授与された。今年1月8日、中国政府は北京の人民大会堂で盛大に国家科学技術表彰式を開催し、習近平主席、李克強総理ら中国の指導者が出席し、李総理自らが沖村氏に賞を授与し、劉延東副総理が沖村氏ら7人の外国人受賞者と会見し、メダルを授与した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷