ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
日中友好団体新年会及び2016チャイナフェスティバル前夜祭における程永華大使のあいさつ
2016/02/02
 

来賓の皆さま、友人の皆さま

    本日の新年会へようこそいらっしゃいました。中国旧暦春節を迎えるにあたり、中華人民共和国駐日本国大使館が日中友好諸団体の皆様と一堂に会し、友情をともに語り合い、心よりうれしく思います。今年の新年会には例年より、新らたな内容が加わり、2016チャイナフェスティバルの前夜祭であります。さきほど、われわれは六本木ヒルズでチャイナフェスティバルの開幕式を盛大に催し、多くの友人皆様が苦労をいとわず、この新年会にも駆けつけて出席してくださいました。中国大使館を代表しまして、皆様のご臨席に対し、熱烈な歓迎と心より感謝の意を表し、皆様に対し、また皆様を通して、中日関係の改善と発展に関心を寄せ、支持してくださったすべての友人の皆様に対し、新春のご挨拶と祝福を申し上げたいと思います。

    2015年を振り返ってますと、世界の政治・経済構造は引き続き複雑で深刻に変化しつつ、各国が共同で対応すべき課題がますます多くなっています。中国は平和と発展という二つの大きなテーマに焦点をあてることを堅持し、国内の改革と発展に積極的に力を尽くし、中国の特色のある大国外交を推し進め、幅広い分野で重要な進展を遂げてきました。中日関係について言えば、2015年は次第に改善に向かう重要な年でありました。双方は、2014年11月に達成した4項目の原則的共通認識を踏まえて、各レベルの接触・対話と各分野の実務交流を徐々に再開しました。そしていくつかの前向きの進展がみられました。この過程で、日本各界の友好団体は中日友好の中堅勢力として、代々の友好という確固たる信念をもち、積極的主動的に行動し、数多くの実り大きい仕事をしました。謹んで心からの敬意と謝意を表します。ここで、昨年1年間に中国の訪日観光客が記録的な499万人に達し、両国市民間の直接交流を力強く促進して、両国関係における一大ハイライトとなったことに触れておかなければなりません。中国の普通の市民がこのように大規模に日本を訪れ、日本の社会と文化をじかに体験したことは、2千年におよぶ中日の交流史上かつてなかった大きな変化です。

    私が多くの場で繰り返し強調しておりますように、中国と日本は引っ越すことのできないお隣同士です。両国は地理的に近く、文化が通じ合い、幅広い分野ですでにもちつもたれつの利害構造を形成し、お互いの前途と運命は固く一つに結びついています。どんなに大きな困難があろうと、私たちは平和・友好の道を歩むほかありません。目下、中日関係改善の勢いはなおもろいものです。新しい年に、両国関係改善のプロセスを守り、各分野の交流・協力をたえず深めることは、依然として共通の努力目標です。双方は引き続き中日の四つの政治文書と4項目の原則的共通認識の精神を固く守り、重大で敏感な問題を適切に処理し、「互いに協力のパートナーであり」、「互いに脅威とならず、互いの平和的発展を支持する」という重要な政治的共通認識を確実に実行に移すよう努力すべきです。

    中国政府はつねに対日関係を非常に重視しており、日本側と共に政府外交の推進に努めると同時に、引き続き日本各界の友好団体および友人たちと共に、積極的に民間外交を推し進め、これまでの基礎の上に両国国民の双方向の交流とインタラクションを一段と促進し、両国関係の持続的改善と発展のために共にたゆまぬ努力を払いたいと思います。われわれは最近、日本の指導者の中日関係に関する前向きな態度表明に留意し、「中国の平和的な台頭は日本にとっても世界にとっても大きなチャンスです。大局的な観点から、安定的に友好関係を発展させることで、国際社会の期待に応えてまいります」ということです。私たちは双方が一段とコンセンサスを集約し、心を一カ所に向け、力を一カ所に使い、足し算を多く、引き算を少なくし、政治的相互信頼をしっかり回復させ、積み上げて、両国関係を正しい方向へたえず着実に前進させることを心から希望しています。

    最後に、皆さまの新しい年のご健勝とご活躍を心よりお祈りいたします。

    ありがとうございました。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷