ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
駐日大使館で2014年度優秀自費留学生奨学金授与式
2015/05/07

    4月24日、駐日中国大使館で「2014年度国家優秀自費留学生奨学金」授与式が行われた。席上、程永華大使、韓志強公使などが東京大学、京都大学、大阪大学などで学ぶ優秀な自費(留学)奨学金獲得者に証書と奨学金を授与するとともに、授与式に参加した留学生代表と親しく交流した。

    程大使はあいさつの中で次のように述べた。党と国は一貫して留学の活動を非常に重視しており、「国家優秀自費留学生奨学金」の設立はみなさんの学業の成果を評価するだけでなく、海外で学ぶ学生に対する祖国の深い配慮を十分体現したものだ。祖国を愛し、専門知識をしっかり身につけ、視野を広げた幅広い日本留学生は、国の貴重な財産であり、祖国の近代化における重要な人材資源だ。駐日大使館はこれまで通り、幅広い学生に良いサービスを提供していく。程大使は胸に祖国を思い、勉学に励み研鑽を積んで、近い将来、国の経済・社会建設において各業界のリーダー、中核になるよう、そして祖国の「二つの百年」の奮闘目標の実現(中国共産党創立100年までの小康社会完成と新中国成立100年までの近代化基本的実現)、中華民族の偉大な復興という中国の夢の実現に力をささげるよう、学生たちを激励した。

    奨学金を獲得した学生代表の東京大学の宋培培さんは次のような感謝の言葉を述べた。祖国の自費留学生に対する配慮に感謝する。祖国はすべての留学生にとって精神面における温かなふるさとで、さらに力強い後ろ盾だ。幅広い留学生は習主席が幅広い若者に求めた「勤勉、修徳、明弁、篤実」をしっかり記憶し、理想を貫き、科学の高みを極めるよう努力し、祖国のために力をささげるだろう。

    「国家優秀自費留学生奨学金」は2003年に設立され、対象は博士課程1年目以上、年齢40歳以下の優秀な自費留学生。これまでに海外に留学する4000人余りが獲得していて、そのうち日本に留学した学生は400人近くおり、2014年度は計24人が獲得している。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷