ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
駐日中国大使館報道官,日本の前政府高官の釣魚島関連発言について答える
2012/10/30
 

   問:報道によると、日本のある関係者は先ごろ、中国側が現状を絶えず変えようとしていることが、石原の「島購入」を刺激した根本的原因だと主張した。この主張について中国側はどのように考えているのか。

   答:関連の主張は完全に是非を混同し、黒白を転倒するものだ。近年、釣魚島問題についての日本側の立場には重大な後退がみられ、絶えず一方的にトラブルを起こしている。「命名」、「測量」、「釣魚」、「上陸」などの主権侵害行為を重ね、最終的に日本政府が前面に出て「島を購入」し、日本側の「実効支配」を強化した。日本側の上述の行為は、中国の領土主権をひどく侵害するもので、中国人民の強い憤りを招いた。そのため、中国側はやむなく強い反応を示した。

現実を正視し、過ちを是正し、中国側と足並みをそろえ、対話と交渉を通じて係争を解決することを日本側に改めて求める。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷