ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
駐日中国大使館報道官,日本の岸田外務大臣の発言について記者の質問に答える
2014/11/12

    問:日本のマスコミの報道によると、日本の岸田文雄外務大臣が11月11日午前の記者会見で、中日間の四つの原則的共通認識の中での釣魚島に関する内容についての質問に対して、「尖閣に領土問題が存在しないという日本政府の立場には変化がない」と答え、また中国側の東海防空識別区の設定と東海資源開発問題を挙げ、「東シナ海が緊張状態にあり、見解の相違がある」と話しました。これに対して、中国側のコメントは?

    答:日本側の関連発言に対して、厳重な関心と不満を表します。釣魚島は中国の固有領土であります。中日双方が先日に発表した四つの原則的共通認識の中身と精神ははっきりとしています。近年来、日本側が中国側の釣魚島問題における立場を無視し、一方的な挑発行為をとったことは、当面釣魚島の緊張情勢の源であります。中国側が国家領土主権を維持する決意と意思は断固として揺るがないものであり、それと同時に終始して対話と協議を通じて釣魚島問題をコントロールして解決することに力を入れています。われわれは、日本側が歴史と事実を直視し、約束を守り、原則的共通認識の精神に基づいて中国側と向かい合って行動し、釣魚島問題において言動を慎み、中国の領土主権を損害するすべての行為を中止するよう、要請します。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷