馬朝旭中国外交部副部長,コロナ発生源ブリーフィングの後に中央テレビの取材受ける
2021/08/16

 馬朝旭外交部副部長は13日、新型コロナウイルス発生源追跡問題で中国駐在外国使節に対するブリーフィングを行った後、中国中央テレビ記者のインタビューに答えた。

 馬氏は次のように指摘した。きょう、外務省はブリーフィングを行い、この問題に対する中国の立場と主張を全面的に説明し、世界中での発生源追跡協力を中国が支持し、参加していることを詳しく紹介した。160余りの国と国際機関の中国駐在使節や代表がブリーフィングに参加した。国際社会は科学的な発生源追跡を普遍的に支持し、政治的追跡に反対している。これは米国の発生源追跡問題を利用した政治的操作が人心を得ず、活路がなく、最終的に自業自得の結果に終わることを示している。

 馬氏は次のように強調した。中国は引き続き科学的態度で、各国と共に、世界中での科学的発生源追跡を積極的に進め、人類が最終的にパンデミック(世界的大流行)に打ち勝つため中国として貢献する。