馬朝旭中国外交副部長,「推定有罪」の中国対応は完全に見込み違い
2021/08/16

 中国外交部の馬朝旭副部長は13日、新型コロナウイルス発生源追跡問題で中国駐在外国使節向けのブリーフィングを行い、その中で「推定有罪」の中国対応は完全に見込み違いとし、次のように述べた。中国はオープン、透明な態度で発生源追跡協力を進めている。これに対し米国を見れば、こっそりとさまざまな手段を使い、世界保健機関(WHO)事務局や国際的専門家を脅し、圧力をかけるだけでなく、おおっぴらに情報機関を動員し、発生源追跡調査をしている。これが政治問題化でなくて何だろう。私が指摘したいことは、「推定有罪」、「侵入式調査」といったやり方で中国に対応しようというのは完全に見込み違いということだ。