馬朝旭中国外交副部長「コロナ発生源問題で中国へのレッテル貼りを拒否」
2021/08/16

 中国外交部の馬朝旭副部長は13日、新型コロナウイルス発生源追跡問題で中国駐在外国使節向けのブリーフィングを行い、その中で中国にレッテルを貼ることを拒否するとし、次のように述べた。中国は世界中での発生源追跡の取り組みを常に非常に重視している。中国は感染発生当初から世界保健機関(WHO)と発生源追跡で積極的に協力し、いち早くウイルスの遺伝子配列を共有し、WHO専門家を2度中国に招き、発生源追跡研究を行った。中国の専門家はWHOの専門家に中国のプランを提出し、いち早くWHO事務局に第2段階の計画に修正意見を出した。中国は合同研究報告の提言を積極的に実施しており、中国の発生源研究の成果を各方面と共有したいと考えている。中国が反対するのは政治的追跡であり、WHO総会決議に反する追跡であり、第1段階合同研究報告を放棄し、別のものを作ることである。米国など一握りの国は事実を顧みず、中国が発生源追跡で協力を拒否していると非難している。これは完全に白を黒と言いくるめ、是非を転倒させるものだ。発生源追跡で中国にレッテルを貼ることを拒否する。むしろ米国に貼るのがふさわしい。