馬朝旭中国外交副部長「中国WHO共同の結論わい曲は科学尊重でない」
2021/08/16

 中国外交部の馬朝旭副部長は13日、新型コロナウイルス発生源追跡問題で中国駐在外国使節向けのブリーフィングを行い、その中で中国と世界保健機関(WHO)の共同研究報告の結論を覆し、わい曲するたくらみは世界の科学者と科学を尊重しないことであるとし、次のように述べた。中国とWHOの共同研究報告の作成は、WHOの手続きを完全に順守し、科学的方法を採ったもので、価値ある、権威ある、科学的にも歴史的にも検証に耐えうる報告であることが証明されている。報告はWHOが正式に発表したもので、当然、世界の発生源追跡の取り組みの基礎となり、指針となるもので、共同研究報告の結論を覆し、わい曲するたくらみは政治的操作であり、世界の科学者と科学を尊重しないことでもある。