2022年1月12日より中国渡航におけるPCR検査追加のお知らせ
2022-01-07 15:55

現在オミクロン株の感染拡大が続く中、水際対策の為、2022年1月19日(当日含む)より日本から中国へ渡航の際、現在の防疫措置に加え、新たにPCR検査と健康観察が必要となります。

1、搭乗予定日の7日前にPCR検査を行ってください。

2、検体採取日から7日間(搭乗の前日まで)の健康観察及び自己健康状況観察表.docxの記入が必要となります。

3、搭乗予定日の48時間(2日)以内に“ダブル検査”(PCR検査及び血清特異性IgM抗体検査)を行ってください。

4、搭乗予定日1日前20:00までに、健康コード申請書類をまとめてアップロードしてください。(詳細は以下の表をご確認ください。)

上記すべての検査は中国駐日本国大使館・総領事館が指定する検査機関で行ってください。

例:渡航予定日が2022年1月19日の場合、1月12日にPCR検査を行い、1月12日〜18日は健康観察と「自己健康状況観察表」の記入、搭乗予定日の48時間(2日)以内に“ダブル検査”行い、1月18日20:00までに健康コード申請書類をアップロードしてください。

注:国際船舶の乗組員は現対策に変更はございません、詳細は乗組員についてのお知らせをご確認ください