韓正氏,ケリー米気候問題特使とビデオ会見
2021/09/02

 北京2日発新華社電によると、中国の韓正・党中央政治局常務委員・副首相は北京で同日、訪中している米国のケリー大統領気候問題特使とビデオ方式で会見した。

 韓氏は次のように述べた。中国は気候変動対応の面で極めて大きな努力をし、また顕著な成果を収めた。習近平主席が打ち出した2030年までの炭素排出量ピークアウトと2060年までのカーボンニュートラルの目標・ビジョンは中国の「パリ協定」断固履行と持続的気候変動対応強化の行動と決意、中国の人類運命共同体構築推進の責任と取り組みを体現したものだ。気候変動対応問題で中国はずっと有言実行である。

 韓氏は次のように指摘した。中米の気候変動対応協力は「パリ協定」というこの重要な基礎に立ち返るべきだ。双方が「中米気候危機対応共同声明」に焦点を絞って実行し、「国連気候変動枠組み条件」とその「パリ協定」の目標と原則の下、努力を続け、世界の気候変動対応に貢献することを希望する。気候変動対応は中米協力の重要な部分で、必ず信頼を前提としなければならない。米国が両国元首の電話会談の精神に従い、双方の気候変動対応協力のため良好な雰囲気を築くことを希望する。

 ケリー氏は次のように表明した。米中は建設的接触を保ち、世界的挑戦〈試練〉に共同で対応しなければならない。米国は中国が気候変動対応で極めて大きな努力していると確認する。中国と接触・意思疎通を強化し、「パリ協定」の実行を急ぎ、世界的な気候変動の脅威に共同で対応することを願っている。