ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
9年制義務教育の人口カバー率93・6%
2005/11/14

 

 中国教育部は10日、「中国全人民教育国家報告」を発表、▽昨年も9年制義務教育の基本的普及、青壮年非識字者の基本的一掃に力を入れ、「2つの基本的」実現の人口カバー率は93・6%に達した▽西部の12省(直轄市)も基準に従って、「2つの基本的」の実現を全面的に推進している―と述べた。

 報告によると、現在、中国の6―14歳の児童は約1億8000万人。昨年、全国で「9年制義務教育普及」の検査にパスした県(市、区)は2576で、「2つの基本的」実現の人口カバー率は2000年の85%から93・6%に上昇した。

 昨年、中国の小学校在校生は計1億1200万人で、学齢児童の就学率は98・95%に達した。小学校卒業生の進学率は98・1%で、2000年より3・2ポイント上がり、農村と都市の差は一層縮小した。中学段階の在校生は6528万人で、入学率は94・1%と、2000年に比べ5・5ポイント上がった。

 中学教育の普及水準と質の向上および高校段階の教育規模の拡大に伴い、中学卒業生の進学率は急速に高まった。昨年の中学卒業生の進学率は63・8%に達し、2000年より12・6ポイント上がった。

 中国で改正中の「義務教育法」は、義務教育を保障する政府の責任を制度面から強め、義務教育の全面普及と定着・向上をはかり、すべての少年と生徒に教育を受ける平等な機会を与えるという。

 (北京11月10日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷