ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
阮湘平駐日大使館公使級参事官,日本の国会議員に中国の再生可能エネルギー発展状況を説明
2015/08/11

    2015年8月5日、駐日中国大使館の阮湘平公使級参事官は衆議院議員会館で「中国再生可能エネルギー発展状況」について報告を行った。自民党行政改革推進本部の河野太郎本部長、日中友好議員連盟の近藤昭一幹事長、衆議院の阿部知子議員、逢坂城二議員、駐日大使館の張社平参事官らが報告会に参加した。

 

    阮参事官は中国が近年進めている再生可能エネルギー利用面での政策、発展状況、長期目標について説明した。そして「2015年再生可能エネルギー世界現状報告」のデータを引用し、2014年は中国の再生可能エネルギー投資、再生可能エネルギーによる発電量、水力発電・風力発電総出力、太陽熱利用量がいずれも世界一となったこと、太陽光発電の出力が大幅に増え、総出力が世界第二位となったことを指摘した。また、このほど国務院が2022年冬季オリンピック開催地の河北省張家口市における再生可能エネルギーモデル区設置を承認したことを説明した。

    阮参事官は中国のネルギー分野に関する日本側の質問に答え、中日双方が再生可能エネルギー分野で協力することを希望すると述べた。日本側は中国の再生可能エネルギー事業の急速で良好な発展を称えた。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷