ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
淘宝網とヤフージャパン 中日をつなぐネットショッピングサイト開設

    中国の淘宝公司と日本のヤフージャパンは1日、両国をつなぐネットショッピングサイトを共同でスタートさせた。淘宝網が明らかにしたもので、中国の消費者を対象とする淘宝網の「淘日本」と日本の買い手を対象とするヤフージャパンの「中国商城」による正式なオンライン通販が同時に始まった。

    このサイトを通じ、中国の消費者は淘宝網で日本の特色ある800万点のネット商品を購入することができ、日本のユーザーも新しいサイトを通じ、中国の5000万点のネット商品を買うことができる。

    アリババグループの馬雲会長は「中国と日本をつなぐネットショッピングサイトの開設は、ネットショッピングをする中日両国の消費者に、より多くの選択肢を提供できるようになった。中日双方の小企業が全く新しい国際貿易ルートと市場を手に入れることにも役立つ」と表明した。

    今回の淘宝網とヤフージャパンの提携はまた、売買双方のために言語変換、国際支払いなどの複雑な問題を解決した。これは中国であれ日本であれ、ネットショッピング利用者が淘宝網の「淘日本」やヤフージャパンの「中国商城」でクロスボーダー取引を行う際、それぞれ国内の取引方法に従うだけで売買を完成できることを意味している。

    アリババグループ傘下の淘宝網はアジア最大のネットワーク小売業者であり、ソフトバンクグループが株式の過半数を保有しているヤフージャパンは日本で二番目に大きい電子商取引運営業者である。今回のオンライン通販は中国と日本をつなぐネットショッピングサイトの第1期分にすぎないという。提携双方の予想によれば、このサイトが全面的に完成すると、2億5000万人のユーザーと4億5000点の商品を集めることができ、世界最大のネットショッピング市場となる。(杭州6月1日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷