ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
温家宝首相 日本経団連代表団と会見

 

    温家宝首相は12日、北京の人民大会堂で、御手洗富士夫、米倉弘昌両氏が率いる日本経済団体連合会(経団連)代表団と会見した。

    温首相は次のように述べた。目下、中日関係は改善と発展を続け、双方が協力して世界的金融危機に対応し、各分野での協力を強化するために重要な政治的基礎を提供している。日本の財界人が引き続き積極的な影響力を発揮し、中日両国の相互理解と両国人民の友情を増進するためにたゆまぬ努力を払うよう希望する。

    また温首相は次のように指摘した。長年にわたり、経済貿易分野の中日協力は両国ひいては東アジアの経済成長に大きく貢献し、厚い基礎と豊富な経験を蓄積してきた。現在、経済の構造調整を急ぎ、発展パターンを転換し、持続可能な発展の道を歩むことは両国が直面している共通の課題であり、経済貿易関係の発展にとって挑戦(試練)でもあればチャンスでもある。両国の企業家は省エネ・環境保護、新エネルギー、循環型経済などの分野での協力を強化し、協力方法を新しくし、新たな市場を開拓し、互恵・ウィンウィン(共に勝者となること)をよりよく実現すべきである。

    日本側は次のように表明した。日中関係が戦略的互恵の方向に進んでいることは喜ばしい。中国経済は真っ先に世界的金融危機の影響から抜け出し、急速な発展を維持して、日中が経済・貿易協力を深めるうえで有利な条件を提供した。日本の経済界は中国の発展戦略をもっとよく理解し、人的交流を密にし、二国間と地域のレベルで中国との協力を強化して、アジア経済の一体化と世界経済の持続的な回復、成長をはかることを希望している。

    会見には陳徳銘商務相が同席した。

(北京5月12日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷