ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
新疆の草地保護・牧畜民定住事業 JICAが協力
2008/02/18

 

 天然草地の保護と牧畜民の定住のための国際協力モデル事業がこのほど、新疆ウイグル自治区で全面的にスタートした。新疆では遊牧をしていたカザフ、モンゴルなどの少数民族が、定住によって伝統的な生活様式を変えつつある。

 自治区牧畜庁の説明によると、この天然草地生態系保護と牧畜民の定住のためのモデル・プロジェクトは新疆と日本国際協力機構(JICA)による投資規模最大の農業技術国際協力事業。

 天然草地の保護と利用を通じて、モデル区域内に定住した農民・牧畜民の生産、生活様式を徐々に改善する。そして牧畜民が飼い葉の栽培・加工、家畜の繁殖・改良、飼育管理、疫病防除などの面で生産技術体系を作り上げ、新疆の牧畜地帯に普及させ、草地牧畜業の持続可能な発展を実現するのを援助する。

 天山北部にある昌吉回族自治州と富蘊県がこの事業の二つの実施地になっており、総工期は5年。3000万元(1元=約15円)が投入され、うち2000万元がJICAの無償援助。

 (ウルムチ08年2月17日発新華社)

 

 

推荐给朋友
  印刷 全文印刷