ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
「第一回中日ハイレベル経済対話 プレス・コミュニケ」についての見解--中国商務部アジア司司長呂克倹氏の談話より
2007/12/11

 

 中日双方の共同努力により、第一回中日ハイレベル経済対話は12月1日北京において成功裏に開催された。会議後、双方はそれぞれ「第一回中日ハイレベル経済対話 プレス・コミュニケ」を発表した。中日両国主要メディアのみならず、世界主要メディアからも今回の対話による積極的な成果を高く評価された。しかし、意外なことに一週間経った時点で、一部の日本メディアによって突然中国側が対話の「共同文書」を「無断削除」したとの報道がなされたことが分かった。これが両国友好協力の雰囲気に逆行する不協和音だと思わざるを得ない。このような報道は事実と違っていることを明言したい。

 「プレス・コミュニケ」は双方の共同文書でも、共同プレス発表でもなく、双方各自に発表される会議内容を紹介する旨の文書である。これは発表前の段階でも明らかで、双方がそれぞれ発表する内容に不一致があるのも正常なことである。所謂中国側による「無断削除」というような問題はそもそも存在するはずがない。人民元為替レート問題等に関する中国側の立場は、既に対話における曾培炎副総理の基調発言及び関係部長(閣僚)の発言において、明確に述べられた。

 第一回中日ハイレベル経済対話の成功は双方共同努力の成果であり、双方ともこれを十分に認め大事にしなければならない。われわれは日本側とともに、中日ハイレベル経済対話が中日経済関係の更なる発展に積極的な役割を果たせるよう努力していく所存である。

 

 

推荐给朋友
  印刷 全文印刷