ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
程永華大使,北海道釧路市を訪問
2016/06/03

    程永華駐日大使は5月21日から22日まで、北海道釧路市を訪問した。滞在中、蝦名大也市長と会見し、釧路コールマイン株式会社を視察するとともに地元の小中学生と交流した。駐日大使館の景春海商務参事官、佐藤英道農林水産大臣政務官、釧路市の月田光明市議会議長、栗林定正商工会議所会頭、中村圭佐日中友好協会会長らが関係行事に同行した。

    蝦名市長は程大使がわざわざ訪れたことに感謝し、釧路市は経済と環境の調和した発展を非常に重視し、豊かな自然観光資源に恵まれており、中国からもっと多くの観光客が訪れることを歓迎すると述べた。程大使は次のように述べた。目下中日関係は改善基調にあり、釧路市が観光資源の潜在力を掘り起し、中国からもっと多くの観光客を誘致するよう希望している。同時に釧路市が民間・地方外交を積極的に進め、両国市民の理解と相互信頼を深め、中日関係の改善と発展を後押しするために更なる努力をされるよう期待している。

    釧路コールマイン株式会社を視察した際、程大使は責任者から会社の状況について説明を受けるとともに研修生訓練センターを見学した。2001年に設立された同社は、営業採炭を続ける日本唯一の企業。世界の先進技術を採用して釧路市に隣接する太平洋の海底下で採炭を行っており、世界でも数少ない機械化炭鉱のひとつ。2002年から炭鉱技術海外移転事業の受け入れ、中国やベトナムなどから研修生を積極的に受け入れるとともに技術者を海外に派遣し、技術交流を行っている。程大使は安全生産や技術革新など独自の優位性を高く評価し、研修生受け入れ事業を通して中国の炭鉱のために多くの技術者を育て、中日友好交流促進のために積極的な貢献をしてきたと称えた。程大使は、安全生産、労働生産性の向上、従業員の配置転換などの進め方は中国企業が参考にすべきものであり、中国との交流を引き続き強化し、中日両国の経済協力に力を注ぎ続けてほしいと述べた。

    地元の小中学生代表と交流する際、程大使は自身が若いころ日本に留学して学び暮らしていた経験を交え、勉強に励み、視野を広げ、中日友好交流と世界平和のために貢献するよう生徒たちを励ました。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷