トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
姜瑜外交部報道官 記者の質問に答える
2010/09/25

 

    問:報道によると、日本の前原誠司外相は日本側が中国側の船長を送還したことについて、東海において日中間に領土問題は存在しておらず、今後も似たような状況が起きた場合、毅然として対応すると述べたが、中国側のコメントは。

    答:釣魚島とその付属島嶼は古来、中国の固有の領土である。中国政府はこれまで通り、確固たる態度で自国の主権と領土保全を守る。

    問:報道によると、日本外務省の報道官は9月25日、中国側の外交部声明に対して、中国漁船が公務執行を妨害、日本側は国内法に基づき厳正、慎重に処理しており、中国側の謝罪、賠償要求は受け入れられないと述べるとともに、日中の戦略的互恵関係をさらに充実させたいとしているが、中国側のコメントは。

    答:中国側は外交部声明で厳正な立場を全面的に明らかにしている。私は、釣魚島とその付属島嶼は古来、中国の固有の領土であると重ねて表明したい。日本側の行為は中国の領土主権と中国公民の人身権を著しく侵害しており、中国側には当然、日本側に謝罪と賠償を求める権利がある。われわれは日本側が中日の戦略的互恵関係を充実させる実際行動をとるよう希望している。



[Suggest To A Friend]
       [Print]