トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
中華人民共和国外交部声明
2010/09/25

 

    2010年9月7日、日本側は釣魚島海域で、中国の15人の漁民と漁船を不法に拘束するとともに、船長を9月24日までこう留した。中国の領土主権と中国公民の人権を著しく侵害するこの行為に対し、中国政府は強く抗議するものである。

    釣魚島とその付属島嶼は古くから中国固有の領土で、中国はこれに争う余地のない主権を有している。日本側が行った中国の漁民と漁船に対するこう留、取り調べおよびいかなる形の司法手続きも不法であり、無効である。日本側は今回の事件について中国側に謝罪し賠償しなければならない。

    中日両国は互いに近隣国であり、戦略的互恵関係の発展という方向を堅持することは、両国に人民の根本的な利益に合致する。双方は対話・話し合いを通じて中日関係における問題を解決し、両国関係の大局を守るべきである。中国側のこの立場は変わっておらず、また変わることはない。

                                                                                    二〇一〇年九月二十五日



[Suggest To A Friend]
       [Print]