トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
「日本側は誤りを是正し 両国関係の悪化を回避すべき」外交部報道官
2010/09/24

 

    中国外交部の姜瑜・報道官は22日、「船舶衝突事件」について記者の質問に答え、▽日本がただちに誤りを是正し、中国の船長を無条件で解放してはじめて、両国関係がさらに損なわれるのを回避することができる▽世間と国際世論を欺く手口を弄ぶことに活路はない―と述べた。一問一答次の通り。

    問:報道によると、日本側はこう言っている。日本政府は「船舶衝突事件」に冷静な姿勢をとっており、引き続き国内法に従って問題を処理していく。中国側にも冷静な姿勢を保つよう希望する。双方がハイレベルのチャンネルを通じて意思の疎通をはかってもよい。中国側のコメントは。

    答:釣魚島は古来、中国の固有の領土である。日本側が釣魚島海域で中国の漁民と漁船を不法に拘束し、かたくなに中国の船長に対していわゆる国内の司法手続きをとるとしているのは、中国の領土主権に対する重大な侵害および公然たる挑戦であり、中国人民の強い憤りを招くとともに中日関係を著しく損なった。中国側が必要な対応をとるのは当然のことだ。日本側の奇弁は成り立たない。日本がただちに誤りを是正し、中国の船長を無条件で解放してはじめて、両国関係がさらに損なわれるのを回避することができる。世間と国際世論を欺く手口を弄ぶことに活路はない。

    問:報道によると、日本側は日中の戦略的互恵関係の中身を豊かにすることは非常に重要で、この判断に基づいて「船舶衝突事件」を処理すべきだとしている。中国側のコメントは。

    答:日本側は今回、釣魚島海域で中国の漁民と漁船を不法に拘束するとともに、その後あいついでエスカレート行動をとることによって、中日間の四つ目の政治文書の対話と話し合いを通じて問題を解決する原則および戦略的互恵関係の精神に著しく背いた。日本側が本当に両国関係を重視するのであれば、直ちに誤り是正し、中国の船長を無条件で送還し、両国関係がさらに損なわれるのを防止すべきである。(北京9月22日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]