トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
日本側の中国漁船船長不法こう留で中日関係に重大な影響

2010/09/19

 

    19日、中国外交部から得た情報によると、日本側が先ごろ釣魚島海域で中国漁民、漁船を不法に拘束し、中国側の度重なる厳重な申し入れも顧みず、漁船の船長を引き続き不法にこう留する行為はすでに中日双方の交流を重大に損なっており、中国側はすでに二国間の一級行政区・省庁レベル以上の交流を一時停止し、民間航空の増便、航空権の拡大についての接触を中止し、中日石炭総合会議を延期した。中国公民の訪日観光規模もすでに重大な影響を受けている。

     外交部は、こうした状況の責任は完全に日本側にあり、日本は直ちに無条件で中国の船長を解放すべきで、そうしなければ今回のことで引き起こされるすべての結果の責任を負わなければならないと表明した。(北京9月19日発新華社網)



[Suggest To A Friend]
       [Print]