トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
石垣島に拘束の漁船乗組員見舞う 駐日中国大使館の担当者
2010/09/13

 

    今月7日、日本は釣魚島海域で中国の漁民と漁船を不法に拘束した。事件後、駐日中国大使館は事態を重大視し、迅速に担当者を沖縄県石垣島に派遣し、拘束された船長と乗組員を見舞った。

    駐日大使館と福岡総領事館の担当者は中国政府を代表して乗組員を見舞い、祖国と人民は拘束された乗組員の安否を非常に心配していると伝えた。楊潔チ(たけかんむりに褫のつくり)部長はじめ外交部の多くの高官と駐日大使が何度も日本側に厳重な申し入れと抗議を行った。12日未明、戴秉国国務委員が日本大使を緊急に呼び、中国政府の重大な関心と厳正な立場を厳かに表明し、日本が情勢判断を誤らず、賢明な政治決断をして、中国の漁民と漁船を直ちに送還するよう促した。大使館と領事館の担当者は乗組員の身体と精神の状態を詳しく把握し、食品、水、常備薬を購入し、また乗組員の家族と逐一連絡を取っている。担当者は乗組員に対し、政府が全力で日本側が乗組員を解放するよう促していることを強調し、乗組員が体を大切にし、冷静を保ち、政府の活動に協力し、政府が今回のことを迅速かつ適切に処理することを信じるよう希望した。

    駐日大使館は日本側が乗組員と漁船の安全を確保し、即刻無条件で解放するよう要求して全力で交渉を続けている。



[Suggest To A Friend]
       [Print]