トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
李源潮政治局委員,日本若手リーダー訪中団と会見
2010/09/08

 

    中国の李源潮共産党中央政治局委員・中央書記処書記・中央組織部長は6日、北京の人民大会堂で第10次日本若手リーダー訪中団と会見した。

    李氏は中日の若手リーダーの相互訪問・交流事業が始まってから11年間の成果を振り返り、事業の積極的意義を高く評価するとともに、次のように述べた。青年は未来を代表するもので、中日関係の良好な発展には若い世代の友誼と継承が必要である。われわれは日本の関係方面との協力を強め、中日の若手リーダー幹部の相互訪問・交流を長く続けることを願っている。中日両国の若手リーダー幹部が歴史を忘れず、未来志向で、中日友好関係の末永い発展のために貢献することを希望する。

    訪中団団長の白石隆アジア経済研究所所長は、相互訪問と交流に力を尽くし、日中の子々孫々の友好のために多くの仕事をしたいと表明した。

    会見には共産党中央組織部の責任者、中国駐在日本大使館の責任者が同席した。

    訪中団一行55人は5日から12日まで北京、湖南、天津を訪問する。

                                                                                                                                                             (北京9月7日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]