トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
中国,丹羽大使呼び厳重申し入れ巡視船が漁船妨害
2010/09/08

 

    中国の宋涛・外務次官は7日、命を受けて日本の丹羽宇一郎中国駐在大使を呼び、海上保安庁の巡視船が釣魚島海域で中国漁船を妨害した問題について厳重な申し入れを行い、違法な妨害活動をやめるよう要求した。

    報道によると、海上保安庁の巡視船は同日午前、釣魚島付近の海域で中国のトロール漁船1隻と衝突した。幸いにも死傷者はなかった。その後、巡視船は中国漁船を妨害した。

    中国外交部の姜瑜・報道官は同日の定例記者会見で、釣魚島とその付属島嶼は古来、中国の領土で、日本の巡視船が釣魚島付近海域でのいわゆる法執行活動をやめ、中国の漁船と乗組員の安全を脅かすいかなる行為も行わないよう要求すると述べた。

    また姜報道官は、中国は事態の推移を注視し、一層の行動をとる権利を留保すると表明した。

                                                                                                                                                          (北京9月7日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]