トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
温家宝首相,鳩山由紀夫前首相と会見
2010/08/18

 

    温家宝首相は17日、北京の中南海・紫光閣で日本の鳩山由紀夫前首相・民主党前代表の率いる民主党議員代表団と会見した。

    温首相は次のように述べた。今年5月、私が日本を訪問した際、両国は政治面の相互信頼を増進し、互恵協力を強化することについて一連の具体的措置を発表した。双方は共に努力し、四つの政治文書の原則と精神の導きの下、これら重要な合意を実行に移し、中日の戦略的互恵関係を絶えず推進し、アジア地域の平和と繁栄をはからなければならない。日本の議員の皆さんがこのために積極的に貢献されることを希望する。

    温首相は次のように表明した。中国は対外開放政策を確固として揺るぎなく実行し、日本側の対中貿易・投資拡大を歓迎する。両国の企業、金融機関、研究機関はそれぞれの優位性を発揮し、緊密に協力し、循環型経済、グリーン経済、省エネ・環境保護分野で世界をリードする水準のモデル事業を共同で築き、中日の経済・貿易協力を新たな段階に進めなければならない。

    鳩山氏は日中関係が絶えず進展していることを喜んでいるとし、さらに次のように述べた。今回、日本の議員を率いて中国を訪問したのは両国首脳の合意を実行するものである。唐山・曹妃甸での視察でわれわれは深い印象を受けた。日中の生態環境保護と省エネの分野の協力の潜在力は非常に大きく、見通しは明るい。私たち議員としても日本側と中国側が接触を強め、協力を深め、より高いレベルの互恵・ウィンウィン(共に勝者になる)の実現に努力するよう積極的に促したい。

    鳩山氏一行は中日友好協会の招きで訪中した。

                                                                                                                                                        (北京8月17日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]