トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
「旅行を通じて子供たちの笑顔を取り戻そう」近ツリが四川地震被災児童を招待

    中国国家観光局と日本政府観光局が共同で主催し、近畿日本ツーリストが実施するイベント「旅行を通じて子供たちの笑顔を取り戻そう」が26日、正式に始動した。四川地震被災地の児童30人が日本へ出発し、日本の児童と交流活動を行い、有名な観光地を参観する。

    今回の活動において、招待を受けた子供たちは山梨県を訪問し、甲府市の小学生と交流し、記念植樹を行う。また富士山や神奈川県の箱根なども参観する。今回の活動は山梨県、民間企業、団体など多くの方面から力強い支援を受けており、東京ディズニーランドも行程に加えられている。主催者は旅行を通じて被災地の児童の視野を広げ、笑顔を取り戻すことを手助けし、中国と日本の青少年の相互交流を深めたいとしている。

    今年は近畿日本ツーリストの創立55周年にあたる。日本の著名な旅行会社である近畿日本ツーリストは社会貢献に力を入れている。2008年、四川省で地震が発生した際、同グループの社員は被災地に送るためのテント80張りの費用を寄付し、579冊の書物を四川に送った。このたびの活動は近畿日本ツーリストの被災地支援活動の一貫である。(北京7月26日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]