トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
東京で「2010中日小さな大使」活動スタート 菅首相が中国側と会見

 

    「2010中日小さな大使」の活動が13日、東京で始まった。両国の高校生各40人が国を代表して「小さな大使」として楽しく交流した。

    夜の歓迎宴と活動のスタート式典で、双方の「小さな大使」は英語や日本語、ゼスチャーなどで交流し、笑い声が絶えなかった。

    中国側の生徒が素晴らしい武術や舞踊を披露し、日本側の生徒は合唱で歓迎した。

                      

    中国大使館の孔鉉佑臨時代理大使は次のように述べた。「小さな大使」の活動は中日間の将来を見通した活動だ。両国の青少年の交流を通じて相互理解、相互寛容を増進できる。「小さな大使」個人について言えば、活動によって経験を豊かにし、視野を広げ、成長することができる。

    同日午前、菅直人首相が「小さな大使」代表団と会見し、この交流活動を高く評価した。

                      

    中国側「小さな大使」は1週間にわたり、日本企業を見学し、一般の家庭を訪問し、東京都、静岡県、埼玉県で日本社会の生活を体験する。

    中日小さな大使の活動は北京市政府外事弁公室と日本のイオングループが共催するもの。今年中国側「小さな大使」代表団のメンバーは北京の月壇中学、北京師範大学付属第2中学、北京理工大学付属中学など6校の生徒で、日本側は筑波大学付属高校と学芸大学付属高校の生徒。(東京7月13日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]