トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
国防費に関する日本メディアの報道には根拠がない 国防部が反論

    国防部報道事務局の関係者は9日、記者の質問に答え、中国の国防費に関する日本のメディアの報道に反論し、中国の国防費には、いかなる隠れた経費も存在しないと強調した。

    共同通信や産経新聞などのメディアが8日、2010年の中国の国防費支出は7880億元で、公表されている数字の約1・5倍に相当すると伝えたことについてコメントを求められ、同関係者は次のように語った。

    2010年の中国の国防予算数字については、第11期全国人民代表大会(国会に相当)第3回会議のスポークスマン李肇星氏が今年の3月、権威あるデータを公表している。中国の国防費の予算と支出については、整備された牽制と監督の仕組みがあり、いかなる隠れた経費も存在しない。中国の国防費についての日本のメディアの報道には、まったく根拠がない、と中国側は考えている。

(北京7月9日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]