トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
温家宝首相 鳩山由紀夫首相と会談

    温家宝首相は31日、東京で日本の鳩山由紀夫首相と会談した。双方は中日関係および重大な国際・地域問題について率直で突っ込んだ意見交換を行い、一連の重要な成果を収めた。双方は首相ホットラインを再開すること、東海問題の原則的共通認識を実行に移すための政府間交換公文(書簡)交渉を正式にスタートさせること、両国防衛当局間の海上連絡の仕組みづくりを急ぐこと、海上捜索救助協定に早急に調印すること、具体的措置を講じて人文(人と文化)交流を拡大すること、中日食品安全協力の仕組みをつくることで合意した。

    温家宝首相は次のように述べた。世界経済はいま、困難のなかで緩やかに回復しており、国際情勢は大きく複雑な変化を経ている。中日関係の健全で安定した発展を維持することは両国の根本的利益にかなうだけでなく、アジアの振興と世界の調和のとれた持続可能な発展の促進にも重要な意味をもっている。双方は、中日の戦略的互恵関係の発展という大方向をしっかりおさえ、四つの政治文書の諸原則と精神を堅持し、戦略的な相互信頼を深めて、平和、友好と協力がつねに両国関係の主流になるようにすべきである。温家宝首相は次のように強調した。中国は平和的発展の道を堅持し、善隣友好政策をとっている。中国は戦略的に日本をライバルではなくパートナーとみなしており、敵とはなおさらみなしていない。両国は近隣国およびアジアの大国として、このような気持ちで相手を扱い、相手の発展を扱い、平和共存、子々孫々の友好、共同の発展を真に実現するようにすべきである。

    温家宝首相は次のように提起した。双方はハイレベルの意思疎通を強化し、重大な問題について適時に意見を交換すべきだ。東海問題の共通認識を引き続き推進し、実行に移し、海上の危機管理を強化し、対立や衝突事件の発生を回避して、東海を平和、協力、友好の海にすべきだ。双方は6カ国協議、中日韓首脳会議、中日韓・東南アジア諸国連合(ASEAN)協力の枠組み内で意思疎通と協調を強め、共同で地域の平和、安定と繁栄をはかるようにすべきだ。

    温家宝首相は次のように表明した。中日両国の経済貿易分野の協力は基礎が厚く、相互補完の優位性が鮮明で、世界的金融危機の影響に耐えて、比較的速い伸びを示し、大きな拡大の余地をもっている。双方は新しい協力の道筋を積極的にさぐり、新しい協力分野を開拓し、新しい成長点を育てるべきだ。中日ハイレベル経済対話などの仕組みを利用して、マクロ経済政策の協調を強化し、協力拡大の方向をさぐり、決めるべきだ。新興戦略産業を重点的に発展させ、エネルギー・環境、グリーン(エコ)経済、循環型経済などの分野で、若干の大きい協力プロジェクトを打ち出すべきだ。中国は日本企業が対中投資を拡大し、中国に研究開発センターを設立して双方の共同研究と産業の融合を引っ張り、もっと多くの「中小企業産業科学技術パーク」を共同で運営するのを歓迎する。中国政府は実力のある中国企業が日本に投資するのを支持しており、両国政府は企業の協力のためのよい環境を整えるべきだ。双方は食の安全の協力枠組み取り決め調印を契機に、食品の生産と貿易の協力を新たなレベルに引き上げるべきだ。

    温首相は次のことを発表した。中国は日本の青少年1000人を上海万博に招待する。日本の救援隊と医療チームの代表を四川省ブン川(ぶんせん)=ブンはさんずい+文=地震の被災地に招いて、復興状況をみてもらう。中国は今後5年間、日本のメディアと社会科学者100人を毎年招待する。両国のメディア・社会科学者の交流の仕組みをつくり、来年相手国で「映画テレビ週間」と「アニメフェスティバル」を開催することを提案する。

    鳩山首相は次のように表明した。日本政府は日中の戦略的互恵関係の構築を非常に重視している。重大な問題での中国側との意思の疎通と対話を維持し、相互理解と善隣と相互信頼を深め、意見の食い違いと敏感な問題を適切に処理していきたい。中国側と共に努力し、協議と協力を強化して、東海の平和と安定を守っていきたい。「毒入りギョーザ」事件を解決するために中国側が積極的な努力を払ってきたことに日本側は感謝しており、食品安全分野の協力レベルを引き上げていきたい。省エネ、環境、グリーン経済などの分野の協力を進め、中国の曹妃甸などのモデル事業に力を入れていきたい。両国の人員・文化交流を促進するとの中国側の提案に賛成する。中国側と共に、両国の青少年交流計画に引き続き力を入れていきたい。日本側は、今年から来年にかけての2年間に中国のメディア・社会科学者700人を招待する。日本は中国人観光客に対するビザ発給制限を緩和することを決めた。鳩山首相は上海を訪れて万博日本館デーの行事を主宰するのを楽しみにしており、上海万博は両国の友好協力を大きく促進するものと信じていると述べた。

    双方は、20カ国・地域グループ(G20)やアジア太平洋経済協力会議(APEC)などの枠組み内で意思疎通と協力を強めることで合意するとともに、朝鮮半島情勢などについて意見を交換した。

    会談のあと、両首相は「中日食の安全協力枠組み協定」および省エネ・環境、人材育成、電子商取引などの分野の二国間協力文書の調印式に出席した。

    鳩山首相は、会談に先立って温家宝首相の歓迎式を催した。

(東京5月31日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]