トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
温家宝首相 明仁天皇と会見

 

    日本の明仁天皇は1日、皇居で中国の温家宝首相と会見した。

    温首相はまず胡錦涛主席から明仁天皇へのあいさつを伝えた。そして次のように述べた。現在、中日関係は良好に発展する基調を維持し、新たな発展のチャンスを迎えている。今回の訪問で多くの成果を得、鳩山首相との会談で、多くの重要な共通認識(コンセンサス)に達した。訪問を通じて両国民の考え、感情、良知は互いに交じり合い、通じ合うものであることを深く感じた。今回は希望と確信の旅となった。中国政府は対日関係を非常に重視しており、日本と共に善隣・相互信頼を深め、実務協力を拡大し、戦略的互恵関係を絶えず前進させることを願っている。

    明仁天皇は温首相に胡錦涛主席へのあいさつを託し、温首相の日本訪問に歓迎を表した。そして次のように述べた。1992年の中国訪問の記憶が今も新しい。日中両国の交流の歴史は長く、中国古代の数多くの文化が日本に伝わり、深い影響をもたらした。唐の時代に鑑真和上が日本に渡ってきた。その坐像は現在、奈良の唐招提寺に安置されている。両国民の交流拡大で双方の相互理解を増進することができる。温首相は今回の訪問で日本の多くの市民と交流し、また日本の青少年1000人を上海万博に招いた。これは非常に良いことで、私は賛同する。

    明仁天皇は上海万博の大きな成功を祈り、万博を通じて中日両国の人文(人と文化)、省エネ・環境保護などの分野の交流・協力が強まることを希望した。(東京6月1日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]