トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
温家宝首相 経団連主催の歓迎昼食会に出席

    温家宝首相は31日、日本経済団体連合会(経団連)が東京で主催した歓迎昼食会に出席し、あいさつした。

    温首相は、中国政府が世界的金融危機に積極的に対応して収めて成果、現在の中国経済の状況、中国経済が直面している主な任務について詳しく説明し、日本の企業経営者からの質問に答えた。

    首相は次のように表明した。両国の国交が正常化されてから、経済貿易関係は大きく発展している。両国は重要な貿易パートナーとなり、経済関係は一段と緊密になっており、協力の前途は洋々としている。双方が長期的視野に立って、優位性による相互補完を貫き、省エネ、環境、循環型経済分野の協力を拡大し、互恵とウィンウィン(共に勝者になること)を目指すことを望んでいる。長期にわたって中日の友好協力を促すために努力している日本の経済界は、両国の協力を促す主力であり、両国人民をつなぐきずなでもある。日本の経済界が今後も、中日の経済貿易協力を促すために貢献することを望んでいる。

    経団連の米倉弘昌会長は「日本の経済界は、中国の発展に自信をもっており、今後も開拓進取に取り組み、日中の経済貿易協力を促すために新たな貢献をしていきたい」と表明した。(東京5月31日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]