トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
温家宝首相 衆参両院議長と個別に会見

    温家宝首相は31日東京で、衆議院の横路孝弘議長、参議院の江田五月議長と個別に会見した。

    温首相は次のように述べた。中国と日本は近隣国で、ともにアジアと世界の重要な国である。良好な中日関係は両国人民の根本的な利益にマッチするとともに、地域と世界の平和と反映にとって有利である。このたびの日本訪問の目的は、相互信頼を増進し、協力を強化し、中日の世代を超えた友好の基盤を固めることにある。私と鳩山由紀夫首相は成果に富んだ会談を行い、中日戦略互恵関係の発展を推進するための新たな活力を注いだ。

    また温首相は次のように述べた。議会交流は中日関係の重要な一部である。中国の全国人民代表大会(全人代)と日本の衆参両院はそれぞれ交流メカニズムを構築しており、双方が意思疎通と対話を強化し、相互理解を深め、両国人民の友好感情を増進し、二国間関係の発展を推進するために積極的な役割を果たすことを希望する。

    横路議長と江田議長は次のように述べた。日中両国は重要な協力パートナーで、日中関係は両国にとって、最も重要な二国間関係の一つである。日本の国会は日中関係の発展を支持し、中国の全人代との密接な往来を希望し、両国の協力と民間の友好交流の拡大を推進しており、日中戦略互恵関係を発展させるために貢献していきたい。(東京5月31日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]