トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
岡田外相が核軍縮問題で中国をいわれなく攻撃 楊潔チ外交部長反論

 

    中国外務省の馬朝旭報道官は16日、韓国の慶州で日本の外相が核軍縮問題で中国をいわれなく攻撃したことについて記者の質問に答えた。

    問:伝えられるところでは、15日に韓国の慶州で行われた第4回中日韓外相会議で、日本の岡田克也外相は核問題について中国を的にした発言を行い、中国は核軍縮の約束を果たさず、世界が核軍縮に努力している状況の中で核を絶えず増強しており、日本はこれに対して「強い懸念」を感じていると述べた。関係の状況について説明していただきたい。

    答:日本の無責任な発言に対し、楊潔チ(竹かんむり+褫のつくり)外交部長はその場で反論し、中国の核戦略と核政策は非常に透明で、中国の核軍縮の主張と努力も衆目の認めるものであると指摘した。中国は核兵器の全面禁止、完全廃棄を一貫して主張し、自衛防御の核戦略を確固として堅持し、核兵器の先制不使用と非核保有国および非核地帯に対して核兵器使用または核兵器使用の威嚇を行わないと約束した唯一の国である。中国はいかなる形の核軍備競争にも加わったことはないし、他国に核兵器を配備したこともない。中国は今後も自らの核を国の安全に必要な最低限に維持する。これ自身が世界の核軍縮推進に対する中国の独特の貢献である。中国の立場は正当、透明で、非難されるものではない。

    中国は日本の外相が事実を尊重し、中日両国の関係と両国人民の根本的利益を重んじるよう希望する。

(韓国慶州5月16日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]