トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
楊潔チ外相 第4回中日韓外相会議に出席

 

    第4回中日韓外相会議が15日、韓国慶州で開かれ、楊潔チ(たけかんむりに褫のつくり)中国外相、柳明桓韓国外交通商相、岡田克也日本外相が出席した。3カ国の外相は中日韓協力を積極的に評価するとともに、3カ国の協力水準の引き上げ、第3回中日韓首脳会議の準備のほか、共に関心をもつ重大な国際・地域問題について意見を交換した。

    楊外相は次のように述べた。今回の中日韓外相会議は世界とアジアの経済が徐々に回復し、3カ国の協力がより大きいチャンスを迎え、第3回中日韓首脳会議開催が迫っている背景の下で開かれた。過去1年間、3カ国協力の方向は一層明確に、内容は一層実務的に、分野は一層幅広く、仕組みは一層完全になり、影響は一層拡大した。3カ国の協力はそれぞれの国の経済成長または回復基調を維持するのに有益で、また東アジアの協力と持続的発展に新たな原動力を添えている。われわれはよい基調を維持し、政治面の共通認識を一層結集し、各分野の実務協力を推進し、3カ国と地域の安定および発展パターン転換に強力なサポートを与えるべきである。各国は一層安定した戦略的相互信頼を築き、一層掘り下げた互恵協力を進め、社会・人文(人と文化)交流を拡大し、3カ国協力の仕組みづくりに取り組み、手を携えて東アジア協力を推進すべきだ。

    3カ国の外相は次のような認識で一致した。中日韓協力は3国の共同の発展に資するだけでなく、地域ひいては世界の平和、繁栄と安定にも資する。3カ国は共に努力し、全面協力を繰り広げ、政治、経済、社会、人文、災害管理各分野の協力を積極的に推進するとともに、新たな協力分野を探るべきだ。

    3カ国外相は来年、日本で第5回中日韓外相会議を開くことを決定した。

(韓国慶州5月15日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]