トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
「中日関係は最も重要な二国間関係の一つ」李源潮政治局委員

    中国共産党の李源潮中央政治局委員・中央書記処書記・中央組織部部長は4日、北京で高村正彦会長を団長とする日中友好議員連盟代表団と会見した。

    李源潮氏は次のように述べた。中日両国はアジアと世界で重要な影響力をもつ国で、中日関係は双方にとって最も重要な二国間関係の一つである。新たな歴史的時期に、両国の戦略的互恵関係を全面的に促進することは両国と両国人民の根本的利益にかない、アジアおよび世界の平和、安定、発展にも役立つ。中国は日本と共に努力し、両国指導者の両国関係発展に関する一連の共通認識(コンセンサス)を着実に実行に移し、政治面の相互信頼を一層強め、各分野、各レベルの交流・協力を拡大し、両国関係を絶えず新たな段階に進めることを願っている。

    李源潮氏は日中友好議員連盟が優れた伝統を発揚し、戦略的互恵関係の前進のために新たな貢献をするよう希望すると表明した。

    高村氏は上海万博の開幕を祝うとともに、次のように述べた。両国の指導者と国民の努力で、日中の戦略的互恵関係は順調に前進しており、双方が青少年交流を引き続き深め、両国国民の友好的感情を一層増進し、共に努力し、双方の英知を生かして互恵・ウィンウィン(共に勝者になる)の関係を築くことを希望する。

(北京5月4日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]