トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
戦略的互恵関係の推進強調 程永華新駐日大使

    程永華新駐日大使は13日、東京で中日双方は両国間の四つの政治文書の精神に従い、戦略的互恵関係を持続的に深く発展させなければならないと強調した。

    程大使はホテルニューオータニで開かれた大使着任レセプションでこう述べたもので、さらに次のように指摘した。現在、国際、地域情勢は大きく複雑に変化している。こうした背景の下、中日両国もそれぞれの改革・発展の重要な歴史的時期を迎えている。戦略的互恵関係の全面的推進がますます双方の共通の重要な差し迫った問題になっている。新たな歴史的スタート地点に立ち、中日双方は両国の平和共存、子々孫々の友好、互恵協力、共同の発展という大きな目標の実現に目を向け、政治面の相互信頼を絶えず増進し、各分野の交流・協力を絶えず強化し、共通の利益を絶えず拡大しなければならない。

    近く開幕する上海万博について程大使は次のように述べた。日本は大阪、愛知万博を開催し、この面で豊富な経験を積んでおり、広範な日本国民は万博に対して独特の理解と思いをもっている。これを契機に両国が交流を強化し、理解と友誼を増進することを期待する。

    レセプションには村山富市、福田康夫元首相はじめ日本各界の友人および華僑・華人の代表ら700人余りが出席した。

    (東京4月13日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]